CAMEO|BEHIND STORY VOL.3

CAMEO|BEHIND STORY VOL.3
あなたにとって意味ある文字をセレクトするイニシャルカメオ。身に着けることで文字が発するギフトを得られます。例えば、自分の名前からは自信や輝きを、愛する人のイニシャルからはその人の存在を感じることができるでしょう。また、愛(LOVE)や希望(HOPE)など、自分に必要な言葉の頭文字を身に着けることで、言霊のギフトをもらえるかもしれません。

今回は、そんな想いを込めてセレクトした、イニシャルカメオをご紹介します。
イニシャルを身に着けるとするならば、あなたはどの文字を選びますか?

たいていの場合、『文字を身に着ける』とするならば、そこには何かしらの意味をもたせようと考える人が多いでしょう。自分のイニシャルを身に着けることで、自分らしさを表現することにも繋がります。また、自分の人生を輝かせるためのお守りとしての意味合いも強いでしょう。そんなわけで、「イニシャルを身に着ける」と言われたら、自分の名前のイニシャルを思い浮かべる人が一番多いのではないでしょうか。
しかし、それだけではありません。大切な人のイニシャルを身に着けることで、存在を身近に感じることが出来るでしょう。愛する人との絆を深めるという意味を込めて、その象徴としてパートナーのイニシャルを身に着けることが流行ったこともあります。

あるいは、好きな言葉の頭文字を選ぶのも、自分の気持ちを高めるお守りとして、いい効果が期待出来る場合もあります。愛を意味するLoveの”L”で、愛情に満ちた毎日を願ったり、重要な時にベストのパフォーマンスを出すことが出来るよう祈りを込めて、Victoryの”V”を選ぶ人もいるでしょう。どうしても叶えたい願いがある場合、願掛けでHopeの”H”を身に着けたり。その他、自分にとって縁起のいい言葉の頭文字を選んで、心のお守りとする…そんな使い方もあります。
カメオといえば円形や四角のものが多い中、今回は形にもこだわりました。ティアドロップシェイプは、乾いた大地に降る恵みの雨を象徴し、神々が流す涙のしずくともいわれ、生きるエネルギーを意味しています。薄くて硬い蝶貝をドロップ型に成形するのは非常に難しく、今回カメオを手がけたボリエッロ社だからできた形とも言えます。

自分へのごほうびはもちろん、大切な人への【意味を込めた】プレゼントとしても、お勧めです。胸元で軽やかにきらめいてくれることでしょう。
蝶貝は薄くて硬いため、彫刻を施すのにも15~20年の修行が必要です。ゴールドを縁取ったダイヤモンドを、蝶貝を貫通させ埋め込む技術は、ボリエッロ社が特許を取得している、まさに職人技であり、身に着ける芸術と言わしめる技巧です。(特許番号:0001404099)ゴールドを縁取ったダイヤモンドを埋め込む特許技術で実現した唯一無二のデザインをお届けします。

また、ご注文をいただいてから、ボリエッロ社に所属しているアーティストがひとつひとつ手作業で作成致します。ボリエッロ社は、ローマ教皇より神のご加護を承ったことでも有名なカメオ工芸会社で、確かな技術を持つアーティストが多数所属しています。名高い職人がひとつひとつ手作りをする「オンリーワン・ジュエリー」を、是非この機会に。
素材:イタリアンシェルカメオ
K18YG / ダイヤ0.06ct
サイズ 16mm Oval


丁寧に彫られたイニシャルにダイヤがはめ込みました。シンプルでシックなイニシャル一文字の小ぶりなチャームに、ダイヤのきらめきが高級感を添えてくれるこのデザイン。毎日でも身に着けられるジュエリーです。